キリム

「トートバッグ」にアダナジジムをアップいたしました。

330MG_9210330IMG_9279

トートバッグ作りが慣れてきますと、スタッフは自発的に工夫を始めました。バッグインバッグになるこのように小さなサイズでも、キリムを生かすことが変わらないテーマです。

機能的なバッグでありながら、床に置く絵のごとく、バッグに描かれた絵をイメージしたバッグです。

こちら

「トートバッグ」に、バッグインバッグにも使えるバッグをアップいたしました。

330IMG_9198330IMG_9224

「最後まで使い切る」が、キリム本来の姿です。

オリジナルクッションを作り始めますと、キリムの小さな切れ端が出始めました。

「生かす」を合言葉に、トートバッグやコースターなどが小物作りが好きなスタッフの手から生まれました。その中での傑作がこのバッグです。

高い技術を持つスタッフのキリムの扱い方に驚き、「生かす」ことの素晴らしさを教わった次第です。

こちら

こちら2

 

キリムとお雛様

お雛様IMG_936330IMG_9379330

ポカポカ陽気につられ、お雛様を飾りました。

水仙とクロッカスの花はギャラリーの庭から、冬でも様々な花が目を楽しませてくれる日本です。

例年使う緋毛氈(ひもうせん)に変わり、今年はアンティークキリムを敷いてみました。アンティーク額とキリムに囲まれた古いお雛様、先輩たちの存在感に、まだまだ頑張れるわ!と言っているように幸せそうです。

こちら

 

「クッション」に、アダナ、アンティークジジム織りをアップいたしました。

IMG_9327IMG_9330

先日、アップしたもう一枚は、あっという間にご縁があり、お客様のお手元で大事にされています。100年以上たったコットンが、アダナには珍しいコチニール系の赤色と他色を引き立て、落ち着いた華やかさを見せています。

こちら

ランナーこちら

「クッション」にシバス、アンティークキリムをアップいたしました。

IMG_8886IMG_8883

100年以上前のシバスです。

上質のウールは透明感のある色に染まり、赤紫色はきっと織られて以来いつの時も、輝いでいたはずです。自然が豊かだった100年前に触れ、感じられる幸せをつないでくれる織り手に感謝です。

こちら

「トートバッグ」にシャルキョイとコンヤトルクメンをアップいたしました。

IMG_9117IMG_9132

春がすぐそこです。キリムも柔らかな日差しを浴び、光の加減で様々な表情を見せています。

シャルキョイのパステルになった若草色は、長い時間と光と織り手の技術が作り出したものです。大きかったキリムのほんの一部ですが、完成されたデザインがキリムの奥の深さを見せています。

こちら

お隣は、コンヤ、トルクメンのグラデーションが美しいキリムです。

幾何学文様を持たなかったトルクメンの女性たちは、天然の羊の毛のグラデーションで、気持ちや風景を表現してきました。見事な色分けです。

こちら

 

「トートバッグ」に遊び一杯のバッグを、「キリム長さ90cm前後」に、久しぶりの藍色のアダナジジムをアップいたしました。

IMG_9111IMG_9059

キリム大好きの私たちには、その布をいかに生かすかが大きなテーマです。

トートバッグにキリム+ボタンを組み合わせたスタッフは、「どちらも生き生きしていませんか?」と胸を張りました。小さなシミのあるキリムをカットするのが嫌で、考えに考えた結果の作品です。

こちら

久しぶりのアダナジジムです。宝物を見つけた気分です。愛らしい幸せの結びと見事な仕事です。

こちら2

「クッション」に力強く美しいアンティーククッションをアップいたしました。

IMG_8858IMG_8860

1997年に出合いましたが、沢山キリムを見てきた私たちでも、出所の特定が未だできません。

織り手が伝統を踏まえながらも、自由な発想で織ったキリムを見ていますと、交流のない織り手達ですが、「極める」を目指すとき、その方向は偶然にも似ているように思えます。

どのように思われますか?

こちら

「クッション」にアップしたのは、繊細な仕事のインドの古布です。

I330MG_8870330IMG_8871-2

1800年代のインドより西からヨーロッパの各国は、シルクロードを始め様々な陸路を通じ、交易を盛んに行っていたようです。古い織物が、如実にそれを語っています。

沢山の色糸が遊ぶ万華鏡のような世界を御覧ください。

こちら

「キリム長さ90cm前後」にアップしたのは祖母から孫娘へのプレゼントです。

330330IMG_8788

熟練した織り手の作品ですが、面白い表情のジジムです。

中心の色調と織りは、織り手本来の技術とセンスです。

ボーダーを囲む色使いは、まだ小さな孫娘を感じながらの色調でしょう。エレガントな色調を取り囲む白いコットンは、傷んでもほつれない様にの思いを込め、キクラゲ状態です。

美しさやバランスよりいつまでも使える丈夫さを取った織り手です。自身の技術より大事な孫娘へのプレゼントは、見る者に暖かさを運んでいます。

こちら

「キリム長さ90㎝前後」に部族の先祖と子孫のキリムをアップいたしました。

IMG_8798330IMG_8810

先祖伝来の柄を織り継いできた織り手達です。

先祖のしっとりしたジジム織りを前に、子孫の織り手は、自分らしさへ挑戦しました。真っ白なコットンは若々しく、きれいです。

それぞれに良さがある織物ですが、皆さまはどちらがお好みですか?

こちら-1

こちら‐2

「キリム長さ90cm前後」に、創造性一杯のキリムをアップいたしました。

IMG_8822IMG_8824

先祖伝来の柄を織り継いでいるとは言え、型紙を使わないキリムを織るには、一定以上の創造性と想像力が必要とされます。

水と光に恵まれ、自然に鍛え抜かれた織り手の感性が、このような色彩感覚を育てました。若い織り手は彼女の感覚に沿ったキリム作りを楽しそうにしています。

織り手の創造性はこれから、どのような世界を展開するのだろう?と見る者の想像力を掻き立てるキリムです。

こちら

「キリム長さ90cm前後」に、赤いコンヤジジムをアップいたしました。

330IMG_8846-2330IMG_8839-2

40年位前に織られたヤストク(枕)です。

移動に不便な物を持たない遊牧民は、実に合理的な精神に富んだ人々です。

一つの細長い袋を、枕、クッション、穀物や小物入れとして使ってきました。

袋と言えど、遊牧民の感性を通ると、どれも素晴らしい織物になります。現代では、タペストリー、テーブルランナー、 玄関、ベッドの足元など、益々用途を広げる優れものです。

こちら

「キリム長さ90㎝前後」に、神業級のアンティーク織物をアップいたしました。

IMG_8559IMG_8565

1990年、キリム買い付けを終えた後、入った骨董品屋さんのショーケースの中で、チラリと紫色を見せていた古布です。見せたくない主人が、下の方に置いていた気持ちは、この布をみて分りました。

精緻な仕事が、気持ち良くさせてくれます。100年以上も前のものだからこその見事さです。

「キリム長さ90cm前後」にアンティークの織物をアップいたしました。

IMG_8572IMG_8573-2

1990年のイスタンブールは元気でした。

13時間のフライトなんて何のその、トルコ行きが待ち遠しく、皆、せっせと働き勉強しました。

キリムとの出合は勿論、骨董屋さん巡りも私たちの目的の一つでした。見たこともない数々の品物、不思議な色彩の古布、まるで、キリムの織り手達が過ごした時代にタイムスリップしているような、宝物探しの場で出合った古布です。

「フーン」と思う面白い色彩が、これが織られた時代に誘ってくれます。

 

「キリム長さ150cm前後」に、14年前に手に入れた新作ムットをアップいたしました。

IMG_8758IMG_8761

2003年に手に入れたムットの新作キリムは、14年経っても当時のままの新品です。織り込まれているデザインは、先祖伝来の部族の柄です。

アメリカのナバホ族に似た色合いと柄付けは、広げる度、世界の西と東、接点があったのかしら?と、楽しい想像をさせてくれます。

丁寧な色分けの白、ベージュと濃い茶の天然ウール、落ち着いた茜とパープルの組み合わせ、確かな織りからは、「織る事」に力を抜けない織り手の自負が伝わってきます。

「キリム長さ170cm前後」に白い天然ウールをアップいたしました。

IMG_8421IMG_8423-2

縦糸に綿が使われた、コンヤのナチュラルキリムです。

1960年代、キリムの輸出に力を入れ始めたころ、マーケットでは価格競争が始まっていました。

縦糸は機械紡ぎの綿、横糸は手紬のウールと、違う素材の組み合わせにもかかわらず、コンヤの織り手が身に付けた高い技術は、しなやかで滑らかな表情のキリムを仕立てています。

家族のため、何十枚ものキリムを織る中で身に付けた高い技術は、何が起きてもビクともしません。これが文化であり伝統なのでしょう。

ご覧くださいませ。

 

「キリム長さ170㎝前後」に、コンヤのオフホワイトをアップしました。

IMG_8412-2IMG_8409

天然のウールは光の関係で、様々な表情を見せてくれます。

キリムに携わり30年、沢山のナチュラルキリムをご紹介してまいりました。が、もうありません。輸出用キリムを織る現在、手間、暇の掛け過ぎは、好まれません。

当方のストックルームで見つけた一枚です。お楽しみください。

「逸品キリム」にアップしたバルーチ・アンティークは、当方の収集キリムで最も緻密な織物です。

330IMG_8492330IMG_8498

バルーチ族の織物の緻密さは定評があります。

色の少ない山岳地帯を移動しながら、独自の色調と織り方を伝え継いできたバルーチです。その落ち着いた雰囲気と緻密な仕事が私たちの琴線にふれるのでしょう、大人の空間作りの人気者です。

しかし、現状は、もはや織り継ぐ伝統は壊され、コレクターアイテムとなってしまいました。お楽しみくださいませ。

「逸品キリム」に、シバス、アンティークペルデをアップいたしました。

IMG_8426IMG_8429

ペルデとは、本来ゆったりと織られた、幅30cm~40cmの細長い平織り布をさします。厳密に言えば、平織りは縦糸と横糸が見える織り方です。

遊牧民は、自家用にこのペルデを単色で織り、用途により、何枚かに剥いで使っていました。

各地に伝わるペルデです。

シバスの祖母は、「揺りかごカバー」という目的で、しっかり目を詰めたジャジム織りで織っています。しかし、子孫の問屋さんはこの傑作を、しっかり織られた平織りのペルデと強調しました。


▲トップに戻る