キリム

トップページの「キリム使用例」に、使い方のヒントになる映像を多数アップいたしました。

DSC01860640P1140177908

多くのキリム好きのお客様は、個性的な空間作りを楽しんでいらっしゃいます。一枚のキリムが季節や気分により、違った表情を見せてくれます。

 

「クッション」に珍しいカラバをアップいたしました。

I330MG_9342330IMG_9339

ロシア、カラバの伝統的キリムの色調は深い赤と藍です。

細く丈夫な縦糸と横糸を使い、どこまでも強く薄く織られたキリムは、高い技術を必要とされるものです。その丈夫さは修理糸が通らない程で、修理人泣かせのキリムとも呼ばれてきました。

そんなカラバを織る織り手が、織ったキリムです。

伝統とは違いながらも、その技術は100年を超えた表情を見せています。

こちら

こちら参考

「キリム長さ170cm前後」にヴァン・クルドのオールドをアップいたしました。

IMG_0518330

30年前、イスタンブールのグランドバザールもアラスタバザールも、東トルコのクルド族のキリムで溢れていました。右をみても左を見ても、どの店もクルド・キリムでした。

2000年もの遊牧生活を続けた彼らは、常に羊の毛の改良を心がけてきた結果、上質のウールのお陰で、透明感のあるキリムを織り継いできたのです。

藍、赤と白のメリハリある色調で大きな眼や星の幾何学文様は、新鮮であり、上等の仕上がりに魅了されたバイヤー達により、世界中に紹介されました。

こちら

 

「クッション」に東欧の花柄のアンティークカーペットクッションをアップいたしました。

IMG_0417IMG_0400

オスマン・トルコは凄かった!

北アフリカ、中東、東欧、カフカス地方など、多くの地域を支配下に置いたとき、彼らは「良いものは良い」との考えから、否定することなくキリムの文化に融合させてきました。

お陰で、それぞれの地域の伝統もトルコの文化の一部として、このように伝えられています。

お楽しみください。

こちら1

こちら2

「キリム長さ2m以上」に、久しぶりのカラバキリムをアップいたしました。

IMG_0465330IMG_0259330

カラバキリムのアンティークはロシア産です。

100年より若いカラバは、アゼルバイジャン領にいたアルメニア人が、そして、現在トルコでカラバ・キリムと呼ぶキリムは、カフカス地域から東トルコ、エルズルム周辺に移動した人々により織られています。

この地域の歴史を見る思いがします。

こちら

「クッション」に染められた当時の色を見せるシバス・アンティーククッションをアップいたしました。

IMG_02863303IMG_02883304

100年以上前のキリムは、褪色を見せていません。

色は神様からの贈り物というトルコキリムですが、中には、自分が目指した色に向かい、懸命に努力を重ねた人たちもいました。

染められた当時の面影を伝えるそんなキリムに、トルコでは高い評価を与えています。さすが、トルコですね。

こちら

「クッション」にアップのアンティークキリムクッションは、渋いアートです。

IMG_0296IMG_0295

東トルコ・シバスには、織り継がれてきた4x2mほどの大きなキリムがあります。

現代では織る人もおらず、大変な貴重品ですが、その大きさゆえ、輸出が始まったころから、クッションの様な小物となり、キリム好きを楽しませてきました。

上質のキリムは、100年経過しても、糸も、色も、織りも、びくともしていません。

ついそこにいそうな100年を、手にとり感じられるキリムです。

こちら

「クッション」に、柳色の古いジジム織りをアップいたしました。

 

 

IMG_0281IMG_0279

トルコでは植物では出せない緑色を、楽園や天国の色と呼び、最も格調高い色です。

高い技術を持った織り手が染め上げた鮮明で濁りのない色は、評価され大事に伝え継がれてきました。

光に愛された表も裏も柳色ですが、光が当たらなかった糸と糸が交差している部分は、青紫色です。

どうして?自然のいたずらか?織り手の作戦か? お楽しみください。

こちら

「クッション」にアップしたのは、若いトルクメン族のオールドキリムです。

IMG_9829IMG_9825

キリム織りは、一生をかけて完成に近づくということを、若い織り手のキリムが教えてくれます。

織り手達はいつも試行錯誤しながら、織りの技術を上げ、人間力を身に付けていったのです。キリムが放つ様々な深さは、見る者を飽きさせません。

こちら

「キリム長さ120cm前後」に、マラティアの紫色のアンティークをアップいたしました。

IMG_8116IMG_8117

見事な仕事のキリムです。

織り手の性格が伝わってくるように、品の良いキリムです。

糸、染、織りの三拍子が揃い、自然の力が加わった100年前の秀作には、見る者を高いテンションに運んでいく力を感じます。

こちら

 

「クッション」に何?と思わせるコンヤのオールドキリムをアップいたしました。

IMG_9495IMG_9493

左右の縦糸の色が違います。

熟練した織り手をまねた若い織り手の苦闘が見れるキリムです。やはり、キリムを織る事とは、日々を生きる事と同じです。

コツコツと毎日の積み重ねが高い技術につながり、それを身に付けた織り手のみが、工芸品を生み出せるのです。

こちら

「クッション」にイブラヒム織りのアンティークをアップいたしました。

IMG_9518IMG_9519

チェック?100年前?、どうやって織り手達はチェック柄を手にしたの?、訊ねる度、私たちの質問に丁寧に答えてくれる問屋さんです。

インドより西側は、15世紀以降、かなり密な付き合いをしてきたそうです。インドのインディゴが中東からヨーロッパに、チェック柄が西側から中東へ、「道があるのだから運ばれるよ。」と、まるで当時を知っているかのように、涼し気な顔で問屋さんは話します。

お楽しみください。

こちら

「逸品キリム」に、祖母と孫の共作を、「クッション」に赤いトルクメンとカフカス,シルヴァンのアンティークをアップいたしました。

IMG_01783302IMG_9908-3IMG_9901IMG_9838-2

2001年に手に入れた共作が見られるキリムは、クルド族の一派のヘルキ族のものです。

色調は伝統的なヘルキの色、なぜか半分しか柄がないのを不思議に思いながら二十数年、コレクションルームに眠らしておりましました。

一つの伝承の形です、お楽しみください。

こちら1です。

カフカス、シルヴァン、アンティークは

こちら2です。

コンヤ、トルクメンは、

こちら3です。

クッションにコンヤ、トルクメンのアンティークとカイセリの新作キリムクッションをアップいたしました。

IMG_9853IMG_9866

当方の都合により約2か月ぶりのアップです。ご心配とご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

言葉を探す大変さを味わいながらの久しぶりのHPですが、キリムが言葉以上にその存在を示してくれます。

これからもよろしくお願いいたします。

斎藤 待子

http://www.kilimsjapan.com/item/16848

http://www.kilimsjapan.com/item/16857

「キリム長さ90cm前後」にアンティークキリムと絨毯のコラボをアップいたしました。

330IMG_9451-2330IMG_9450-2

「土から生まれ土に還す」が、遊牧民たちのキリムとの付き合い方でした。

子孫の問屋さんもそれに習い、もうここまでとなったアンティークキリムとアンティーク絨毯をこのように組み合わせました。

先祖からの教えであるばかりでなく、若い問屋さんを虜にするアンティークな織物の持つ力と存在感が見られる古布です。

今が旬と言っている作品を御覧ください。

こちら

「キリム長さ90㎝前後」に、アンティークを合わせたキリムをアップいたしました。

IMG_9464330IMG_9462330

ナチュラルなベースは、縦糸に強い撚りをかけたアンティークのジャジム織りです。その上に縫い合わされたのは、コンヤのアンティークキリムです。

「土から生まれ土に還す」が、遊牧民のキリムとの向き合い方です。 最後にハサミを入れざるおえなくなったキリムを再生させたのは、子孫である問屋さんの様々な思い入れです。

古くなればなるほど深さを増していくキリムです。

こちら

「キリム長さ90cm前後」にコンヤ、トルクメンのアンティーク縞柄をアップいたしました。

330IMG_9443330IMG_9440

100年以上前の自然がいかに健康であったかを見せてくれるキリムです。ウール良し、染色良し、織り良しの三拍子が揃ったアンティーク・キリムが見せる時空を超えた美しい表情に、目が離せません。

本物の力を御覧ください。

こちら

「クッション」に、綿で織られたクッションをアップいたしました

IMG_6732IMG_6733

ほぼ同じルートを移動する遊牧民は、身近にある素材を工夫しながらキリムを織り継いできました。

常に創造力を磨き続けている織り手には、バザールで出合った見たこともない素材やデザインは、自身を新しい世界に導いてくれる神様と同じほど大事な物でした。

工夫を楽しむ豊かな感性は、自分だけの作品を生み出していきました。

こちら

「クッション」にアップしたのは、珍しいチェックの織物です。

IMG_6686IMG_6684

チェックは日ごろ目にする当たり前の布ですが、100年以上前の織り手は、手探りでチェックを織っています。

問屋さんの先祖のこのチェックはイブラヒム織りと呼ばれています。

シャリ間のある古布は、今が旬の美しさです。

こちら

 

「クッション」に創造性溢れる織り手の豊かな色調の世界をアップいたしました。

330IMG_9294330IMG_9296

自然が育てた織り手の感性や創造性が伝わるキリムです。

展開される見事な感性の世界と、部族の一員としての現実の世界が一つのクッションの中に見えます。

持ち合わせたアーティスティックなセンスを前面に押し出す事より、伝統を重んじるという姿勢が垣間見えるキリムは、個人の才能より大事なのは先祖からの伝統であるというを物語っています。

こちら


▲トップに戻る