メンテナンス

キリムのお手入れ

キリムは、日常のお手入れ次第でより長く使えます。
物によっては、アンティック(100年~)を目指せるキリムもあります。
次のような注意とお手入れが大切です。

1.掃除
お部屋を掃除する際、キリムにも掃除機をかけてください。掃除機は「弱」で、やさしくかけます。ゆっくりヨコ糸に沿ってかけます。数ヶ月に一回位、戸外陰干しをして下さい。
キリムのウールは100%の油抜きをしておらず、通常のお手入れをしていれば、虫はつきません。

maintenance1

2.洗濯
どんな小さなキリムでも、手織りの一品物です。洗濯は、基本的には、ドライクリーニングでしてください。水洗いも出来ますが、洗剤の分量、水の分量、擦り方などで、よれたり、色が出たり、糸の撚り(より)が戻ったりしてしまう事があります。

3.保管
洗濯から戻ったキリムを保管する場合、必ず風通しの良いところにビニール袋から出して置いておきます。
また、洗濯をせずに保管する場合、必ず通気性の良い所に置きます。ビニール袋の中に密閉しますと、空気が通らず、虫やダニが湧く原因になります。

キリムの修理

キリムは、代々織り継がれそして使い続けられて行くものです。古くなれば当然手を加え、その部分に糸を足し、強くし、また使い続けます。
キリムズジャパンでは、糸、織りを知りつくしたプロが修理をしています。

修理の際使用する糸は、すべてトルコより持ち帰ります。
キリムを仕入れた各問屋さんで、必ず修理糸を用意してもらいます。それが修理の際、一番近い糸になるからです。

maintenance2  maintenance3

後は、修理人の腕次第。当方の修理は大変にきれいです。なぜなら、一針一針楽しみながらする仕事だからです。

maintenance4  maintenance5


▲トップに戻る