キリム

100年経過したキリムでも、ビクともしないのがカラバです。

本日は、2枚のクッションをアップいたしました。

コレクターなら、一枚は持っていると言われるロシア、カラバ地方のアンティークキリムです。長い時間と光が作り上げた深い色調をお楽しみください。

もう一枚は、トルコ、ベルガマのキリムです。

もし二人が同じ時代に織りをしていたら、若いベルガマの織り手は、完成したカラバの織り手の作品に、闘志を燃やしたことでしょう?

アンティーク4枚をアップしました。

100年以上前の織手たちの作品です。

ロシア、カラバの織手は、オスマントルコの支配下に置かれても、現実をしなやかに受け入れ、自分の世界を表現しています。コンヤの織手は、上等の天然ウールを見事に使いこなしています。

ウズベキスタンの織手は、土地に伝わるジャジム織りで、光沢あふれる織物を見せてくれます。そして、カフカス、シルバンでも、織手は伝統のダイヤモンド柄にトルコ、アナトリアのドラゴン柄をうまく融合させています。

どのような事態下でも、織手達の見事な創造力は止まりません。

アンティークに近いコンヤの上質の糸が見せる色調の美しさをご覧ください。

コンヤ、タシプナルの可愛らしい豊かな色調は、元気を与えてくれます。大胆な力あふれるデザインも、コンヤです。キリムの一大集散地が生み出したキリムは、見飽きません。

山岳地帯カースの織手は、伝統の無染色キリムに色を加え、新しいカースを作りました。

まだまだ続く不自由な時間ですが、春らしいクッションを次々アップしていきます!お楽しみください。

アダナ、カイセリ、アンタルヤ、etc. -こんな時期だからこそ、明るいキリムに癒されます。今年、制作しておりますのは、通常より一回り小さいサイズや横長のサイズです。サイズの違いが、空間に違った雰囲気を作ってくれます。

 

織り手の思いが伝わるアダナ/レイハンリの100年に近いキリムです。

カフカス地方の伝統である、精緻で上質の美しいキリムの面影を感じさせる、100年位前に織られたアダナキリムです。

腕に自信のあるレイハンリの近隣アダナの織り手は、十分に時間をかけ、必要以上に丁寧な仕事を見せてくれます。

 

 

春一番!地中海岸アダナの、春らしい暖かいキリムのご紹介です。

テレワークも一年になります。すっかりこのリズムになれてしまった最近です。

この間、クッション作成や小物作りを楽しみました。

また、少しづつアップを続けます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

斎藤 待子

西アナトリア、マナスティルとコンヤのスマック織りをキリム120㎝前後にアップいたしましゃいた。

KJ39150,126x67cm,¥150,000.-+税

西アナトリア、マナスティルのアンティークキリムを織ったのは、熟練した織り手です。「どこまでも薄く」を目指し使われた綿の経糸とウールの横糸は、100年以上の時間が流れた今では、しなやかで優しい雰囲気作りに一役買っています。

KJ39151,132x77cm、¥150,000.-+税

コンヤの熟練した織り手のスマックは、本場イランのような緻密さとは違い、ゆったりした糸の使い方がおおらかで、いかにもトルコといった表情を見せています。

熟練した織り手達が、自由自在にそれぞれの気持ちを表現しています。

KJ39150

マナスティルは黒海に近い北部アナトリア(アジア側)にあります。バルカン半島から移住してきた人々が織り継いできたのが、マナスティルキリムです。

赤、ピンク、黄や黒などが使われた礼拝用デザインのキリムが有名です。一枚のキリムに使われている色が多いにも関わらず、バルカンの伝統を引き継いでいるデザインや色合わせは、アナトリアの他地域では見られない、すっきりした独特の雰囲気を持っています。

糸のように細く強く撚られたコットンの縦糸に、まるで綿糸のように細く強く撚ったウールを横糸にびっしりと入れたのは、何枚もキリムを織った熟練した織り手の作品です。

キリムの緻密な仕事が見せる薄さとしなやかさからは、織り手の自負が伝わってきます。

織り手はタペストリーを織ったのでしょうか?

布に立体感を見せるため、縞柄部分は通常の織り、縞柄をつなぐ柄付けは、2本糸を使い厚みを出しています。決して今に満足せず、どこまでもその上を目指した熟練した織り手ならではの工夫が、とてもうれしいアンティークです。

 

KJ39151

スマック織りは、主にイランに伝わる技法です。

強く張られた縦糸に横色を入れ、その上に色糸を斜めに入れ、キリム全体に柄を付けていく技法です。画面全体に刺繡を入れる作業は、大変根気のいる仕事です。

ペルシャ絨毯という世界一精緻な織物が伝え継がれてきたイランです。現代の織り手達も先祖の伝統に従い、細い糸で細かい作業を続けています。

トルコにはジジム織りと呼ばれるこれに似た技法があります。ジジム織りは、縦糸に織り込んだ横糸の上に色糸を横に入れながら柄を付けていく技法です。華やかさを強調したり、部族の文様を織り込んだり等、キリムのアクセントとして織り込まれてきました。

中東のどの地域より豊かな植物と光に恵まれたトルコでは、織り手達は植物の恵みを思う存分楽しむ色彩豊かなキリムを織り継いできました。

20年程前に手に入れたスマック織りは、高い技術と根気を身に着けた織り手の作品です。

全体に柄を付けるイランのスマック織りの技法に、トルコのジジム織りを加えた織物は、精緻なイランスマックとは一味違い、ゆったりした大人かわいい織物に仕上がっています。

熟練した織り手であるからこそ、常にチャレンジし続ける姿勢に先祖の姿が重なります。

精緻なカラバと重厚感あふれるベルガマです。

ロシア、カラバのキリムは、コレクターが欲しがるキリムです。修理針も通らないほど細く強く撚られた糸が使われたキリムは、もう少しでアンティークですが、今が旬といった表情で輝いています。

ベルガマもアンティークに近いキリムです。

伝統ある重厚感溢れる色調は、先祖以上の仕事を目指した織り手の会心の作品に違いありません。

デニズリの新作草木染キリムです。

東欧系遊牧民を先祖に持つ織り手達は、先祖から伝わる精緻な織りの技術を馳駆ししながら、この草木染キリムを追っています。

細い糸が使われた細かい織りのキリムは、インテリア空間に柔らかさを与えてくれます。

ガジアンテップは150年も前、コンヤトルクメン族は100年少し、自慢のアンティーク2点です。

東トルコの山岳地帯、ガジアンテップの見事なアンティークキリムです。遊牧民が畏敬した狼は、「邪視除け」として、アナトリアキリムに良くみられます。

縞柄しか使わないコンヤトルクメンのキリムも、アンティーククラスになるとこの様に幾何学文様が見られます。デザインは、「櫛」幸せな結婚を願う、です。

ビビットなマラティアと穏やかなカイセリのご紹介です。

年代が同じ80年位のキリムです。アプリコットの生産量が7割と言われる芳醇な土地マラティアは、一年中、豊かに実る植物がありました。植物のパワー一杯のキリムです。

カッパドキアの奇岩石群見学はカイセリ空港がら始まります。植物の入手が簡単でなかった土地では、織り手達の工夫が見られます。貴重な植物と当時では貴重であった化学染料のコラボが新しさを感じさせます。

使いやすい優しいキリムが、お部屋の雰囲気を華やかにします。

同じキリムから作ったマットは、それぞれの雰囲気を作っています。

ヨーロッパ側トルコ、シャルキョイの伝統を踏襲した細かい織りの薄いキリムです。遠い先祖の織物を手本に、日々、努力を重ねている現代の織り手達の仕事です。

KJ39192

ヨーロッパ側トルコにあるシャルキョイは、バルカン半島からの織物の集散地でした。

古くから、ヨーロッパの香りのする花柄や鳥たちが遊ぶ楽園をイメージにした細かく薄い織物が伝えられてきました。赤色を動物染料のコチニールで染めた手間のかかったアンティークの美しさは、高い評価を受けてきました。

現代の織り手達も、先祖の見事なキリムへ挑戦するかのごとく細い糸を使い、アナトリア(トルコ側)のキリムの力強さとは違った、やさしさ溢れるすっきりしたキリムを織っています。

赤茶色に描かれているのは、幸せへの願いを意味する「星」です。薄い青、濃い青、黄緑に

クリームと、頭上に浮かぶ様々な星を色分けして織り込んでいる織り手です。

現代の織り手にも、先祖の姿勢がしっかり受け継がれているのがうれしいキリムです。

 

キリムズジャパンオリジナルキリムマット&ランナーを「KJオリジナルキリム」にアップし始めました。

「キリムズジャパンオリジナル」にアップしたのは、過去、三十数年に集めた、アンティークの古布、修理不可のオールド、気に入っている新作キリムのパーツを利用し制作した、キリムズジャパンオリジナルの小さなマット&ランナーです。

 

すべてサイズの違うキリムマット&ランナーは、キリムの扱いに慣れた、手仕事大好きなスタッフの作品です。

 

力ある小さな作品と赤い糸で結ばれたお客様との出合いを想像しながら、作品作りに精出しております。

織り手達の楽園をご紹介いたします。

KJ39268

地中海沿岸に近く芳醇な土地アダナの織り手の作品は、色彩豊かなキリムを織り継いできました。豊かな植物は、優しく柔らかい表情をみせています。

KJ39266

東トルコの山岳地帯にあるカースでは、植物の入手は困難な仕事でした。伝えられているキリムは濃い茶、茶やベージュのナチュラルがほとんどです。

この織り手は化学染料で、このキリムを染めました。草色は、通常、縦糸に使われるヤギの毛です。

織手の技術の高さと色彩への憧れが生んだ逸品です,

KJ39266

植物の少ない東トルコの山岳地帯に位置するカースに伝わる伝統的キリムは、濃い茶、茶、ベージュなどを使ったナチュラ、もしくは無染色に近い黄土色系で、重く落ち着いた色調です。

織り手達は、画面一杯に柄を付けたキリムやヤギの毛を経糸あるいは横糸に使ったキリムを織り、技術を競い合うかのようなキリムを残してきました。

19世紀末、ドイツで生まれた化学染料は、織り手達に染色する喜びを運んできました。

貴重な化学染料は、織り手の創作意欲を大いに刺激したようです。織り手は、直毛で羊より硬いヤギの毛を、天国や楽園を意味する、明るい草色に染めています。相当な技術の織り手の色への憧れは、見事にヤギを横糸に使っています。エネルギーや豊かさを象徴するピンク色や茜色も、化学染料で簡単に染め出せました。

憧れの色糸で織り上げたキリムは、いつも夢見ていた、豊かさ一杯の楽園です。

織手の世界を想像しながら、自分の空間を埋めていくのも楽しいチャレンジです。

KJ39167

いつだったか、どこかで目にした記憶が蘇ってくるような懐かしさのある古布は、ジャジム織りの技法を使ったカフカス地方のものです。

ジャジム織りは、縦糸に柄を付ける、この地域に伝えられた技法です。

経糸に何回も強く撚りをかけ、織機に経糸を張る段階で、柄は出来上がっています。撚りの強い経糸のせいで、織物は幅約30cmくらいが限界です。高い技術が要求されるジャジム織りは、熟練した織り手のみが携われる織物です。

赤、藍と深い緑の組み合わせが、天然のベージュとよくマッチし、独特の世界を見せてくれます。

「キリム長さ90cm前後」に、深い藍色のマラティアキリムをアップいたしました。

この30年、沢山のマラティアキリムと出合いました。

古くなるほどに輝やきを増して行く上等なマラティアの糸は、時が経つほど太陽の恵みを一杯に受けた植物の色を引き出してくれます。現在では入手が難しくなった貴重なマラティアです。

使い勝手の良い小さなキリムです。

http://www.kilimsjapan.com/item/nsk90/2179


▲トップに戻る