KJ30294-B、78x45cm、コンヤ、トルクメン族、オールドキリム(コットン/ウール)

キリム長さ 90cm前後, 商品

キリムNo.: KJ30294-B

産地: コンヤ、トルクメン族、オールドキリム(コットン/ウール)

寸法: 78x45cm

価格: 28,000円 (税別)

濃い茶、焦げ茶、茶、ダークベージュなど、天然の茶系のウール糸を何色にも分け、キリムを茶系のグラデーションでしっとりと織りながら、明るい黄と薄い緑にオレンジで明るさを加え、使いやすい布にしている織り手です。

これは長さ約3m、幅は6枚にはがれて3mに近い大きな布でした。
本来は、寝具や家財を覆い部屋を整頓し、テントにおしゃれ感を与える目的で織られた大きなカバー、あるいは間仕切りやタペストリーとして使われたものです。
直径4~5mのワンルームが、遊牧民が暮らしたテント内の空間です。移動に不便な家具は持たず、必要最小限の品物ですべての生活を賄った遊牧民のキリムは、多目的でした。

彼らの家具の材料の多くは羊の毛です。羊は彼らの生活と命を支える貴重品でした。
乳は毎日の飲料やチーズに、毛は敷物はじめ物入れや間仕切りやタペストリーなどのテントを飾るインテリアに、肉はハレの日や神様が使わせたと信じられた突然の来訪者を迎える時のごちそうに、大事に使われました。

テント内のインテリア担当の織り手たちは、必需品の目隠し布と言えども、全エネルギーを傾け、最上品をいつも織り続けてきました。
コンヤ、トルクメン族は、どこまでも薄い布を織り継いできました。ウールより丈夫なコットンをまるで縫い糸のように細く強く撚り、縦糸に使っています。横糸には、これも強く細く撚ったウール糸が使われます。コットンとウールの伸縮性の違いなどなんのその、高い技術を持った熟練者には気にもならないようです。

目隠しに寝具にかけられた明るいシックな布は、天上の約1mほどのあかり取りから降り注ぐ光を浴び、キラキラと輝きを増し、テントの中に光り輝く楽園を見せてくれたことでしょう。

多くを持たない遊牧民ですが、その少ない持ち物は、すべてが上質な本物の一級品だったのです。小さいキリムは、玄関、タペストリー、テーブルランナーやチェストの上など、広範囲に楽しませてくれます。



▲トップに戻る