KJ30322、203x71cm、コンヤ, トルクメン, オールドキリム

商品, 小さなランナー

キリムNo.: KJ30322

産地: コンヤ, トルクメン, オールドキリム

寸法: 203x71cm

価格: 120,000円 (税別)

トルクメンのキリムには珍しく、化学染料で染められたキリムは、50年前後の比較的新しいものです。
織幅が50~70cmと狭く、細長いランナータイプのトルクメンのキリムは、多くが草木染で、織られて80年前後の古いものです。コンヤ近郊を移動したトルクメンは、このように横縞を織り継いできた人々です。

細く固く撚られた横糸は、伝統的にコットンが使われてきました。糸のように細い縦糸に、滑らかに入れられているのは、糸のように細く撚られたウールです。伝統を守り継ぐという信念に燃えた織り手たちのお手本は、いつの時代も、とびきり上手な先祖の織物です。

世界が一つの現代ですが、トルコのキリムはいまだに織られた部族や産地が特定できるキリムが多くあります。それは、部族意識が大変強い遊牧民という人々の織物だからです。
現在のトルコでも、部族意識の高さは継がれており、同じ村の人々がお互いに助け合いながら生きる姿には、はるか昔、日本にもあったような懐かしさを覚えます。

高い技術を持った織り手は、まるで手取り足取り先祖から教えを乞うたかのように、素晴らしい織物を織り上げました。でも織り手は、彼女の色彩感覚でビビットな色調で糸を染めています。
このキリムが織られた当時、遊牧民の伝統的キリムの素晴らしさが外国人たちに高い評価を受け、少しずつ海外への輸出が始まっていました。そんな環境の中、この織り手には流行していた化学染料が、何よりも素敵だったのでしょう。
伝統は尊重しながらも、新しい息吹を加え、新感覚でキリムを表現する子孫たちがいたからこそ、キリムは文化として1500年もの長い間、伝え継がれてきたのです。



▲トップに戻る