KJ22513、179x100cm、コンヤ、オールドキリム

キリム長さ 170cm前後, 商品

キリムNo.: KJ22513

産地: コンヤ、オールドキリム

寸法: 179x100cm

価格: 140,000円 (税別)

透明感があり深みのある山吹色、黄金色、黄土色のグラデーションが美しいコンヤのオールドキリムです。 移動を続けた織り手の工夫が、2枚に接いだキリムから見られます。

台風一過、天体ショーを広げているかのように刻々と移り変わっていくオレンジに染まった美しい夕空に強い感動を受けた織り手は、目にした日没の風景をキリムに表現することにしました。

自然が見せたオレンジ色の数々を思い出しながら、織り手は染色に没頭しました。
黄色は茜についで、多くの植物から抽出できる色です。玉ねぎの皮からは茶色がかった黄色、果実やその樹皮からは強い黄色、黄色の花からは黄色、サフランからは橙系の黄色が取れます。ターメリックも黄色染料として使われてきました。

織り手が、どのような植物を使いこれらの黄色系の色を抽出したのか、「答えは織り手しかしらない」と、専門家は言いました。資料やデータに頼らず、色は神様からの贈り物と信じ、感覚で染色をしてきた遊牧民の織り手たちです。これほどクリアにそれぞれの糸を染め分けた織り手の染色技術の高さは、現代の専門家の目をも釘付けにするほどです。

縦糸には綿糸が使われています。手にした綿を縫い糸のように細く強く撚り、縦糸にしています。横糸をビッシリ詰め、薄いキリムを織ったのは、コンヤのトルクメンに違いありません。彼らは、柄は使わずに横縞を色調で表現する、高いセンスと技術の持ち主です。
イメージを細い糸で表現したからこそののキリムの表情が、織り手たちの感性や創造性の深さを伝えています。

このキリムは2枚を別々に織り上げた後に、真ん中を接いでいます。型紙を使わずに織っていながら、左右と上下のデザインをピッタリと合わせられる技術には驚かされます。
織りをしている時間のみが、織り手の自分だけの時間です。無心に、あるいは神様と対話をしながらの作業が、このような神業級のキリムを作り上げるのです。表現するエネルギーが伝わってくるキリムです。




▲トップに戻る