KJ27198、204x102cm、シバス、オールドキリム

キリム長さ 170cm前後, 商品

キリムNo.: KJ27198

産地: シバス、オールドキリム

寸法: 204x102cm

価格: 200,000円 (税別)

大らかな櫛とゆったり描かれた鳥、そして、褪色して年季の入った植物の色、ゆったりとして艶やかな表情からは、すべてをしなやかに受け止めてきた遊牧民のおばあさんが浮かびます。
柄付けの大らかさに比べ、赤、黒、ベージュなどの色糸は、深く複雑です。高い力量の織り手が、その手を通してイメージ通りに織り上げたキリムは、痛みもなく、褪色が見せる色調の複雑さと美しさは、表現する喜びを十分に伝えています。

赤、緑、オレンジ、藍、茶、黒、白など、色彩豊かな様々なキリムが、シバスに織り継がれています。コンヤやマラティアに匹敵するほど、細かい柄を画面一杯に織り込んだメダリオン柄のキリムや、赤と黒のおしゃれでモダンな縞柄キリムなど、シバスを代表するキリムは、日本でも人気があります。

インテリア空間で使い易い赤と黒の縞柄キリムの多くは50年前後ですが、このキリムはそれ以前、80年程前に織られたものです。
熟練した織り手は、腕の見せ所とばかり、固く強く撚った良質の縦糸をゆったりと織り機に張っています。横糸の色糸も上質のウールで、強く細く作られています。
縦糸の間隔があいているにもかかわらず、織りがとてもしなやかなのは、細い横糸を均等に滑らかに入れられる織り手の技術力です。

無駄毛がなくなり、しなやかに美しく褪色したお蔭で、このキリムの特徴が見えます。織られた当時、黒色は化学染料でしかありませんでした。高価な化学染料は高値の花です。黒が欲しかった織り手は高い技術を使い、濃いベージュや茶の混ざった濃い茶の糸に藍色を掛け一層濃く染め、黒に近い糸を作りました。他の色糸しかりです。

長い時間がそれぞれの糸を褪色させ、現在目に映る糸は実に複雑な表情になりました。
織り手の技量、光そして上等のウールが、はるか昔から現在までの時間をそれぞれの糸に乗せ、現代にこの表情を運んできました。
モダンさと大らかな素朴さの競演がキリムの応用範囲を広くし、どのような空間でも独特の雰囲気を作る優れものにしています。



櫛=幸せな結婚を願う、 鳥=幸せの予感


▲トップに戻る