KJ29266、96x54cm、ベッサラビア、アンティークキリム(ウール/ウール)

商品, 逸品キリム

キリムNo.: KJ29266

産地: ベッサラビア、アンティークキリム(ウール/ウール)

寸法: 96x54cm

価格: 120,000円 (税別)

ロシアの南にあったベッサラビアは、15世紀の中頃、トルコ人の侵入によりオスマン帝国の支配下となりました。15世紀から20世紀にかけ、モルダビア、オスマン帝国、ロシア帝国、ルーマニア、ソビエト連邦と支配され、現在では、モルドバ共和国とルーマニアの領土になっています。

このような背景の中、織り手達が織り継いできたのが具象柄のベッサラビアン・キリムです。様々な国からの影響が生み育てた色彩豊かな写実的なキリムは、ベッサラビアの宝として高い評価を得、キリムの中では珍しい具象柄が伝統として織り継がれてきました。

東欧、ヨーロッパ、ロシアなどの影響を受けた洗練度の高いキリムは、遊牧民のキリムとは、大いに違っています。
偶像崇拝を禁じるオスマントルコの支配下になったベッサラビアですが、花柄や植物、鳥や動物などのモチーフが画面一杯に織り込まれたキリムは、瞬時にトルコ人たちをも魅了したのです。イスラム教スンニー派のトルコに、「ベッサラビアン・キリム」として具象柄が例外的に受け入れられました。

豊かに実る植物や花々が、暖色系の色で表現されているキリムです。織り手は、雑巾を縫う「運針」の技法を使い、一針,一針、横糸を丁寧に斜めに入れることにより、動きのある柄を織り上げています。描かれている植物や花は、一年を通して生活に潤いを与えてくれる、身近にある植物です。植物は命を支え、染料となり、またある時は華やかに室内を飾ります。ベッサラビアの生活に豊かさと潤いを運んでくれる宝物が描かれています。

茜、桜色、桃色、サーモンピンク、蘇芳(すおう)など、どれも茜を基調に、微妙な色の違いを染め出し、技術の妙を見せる織り手です。緑もモスグリーン、黄緑、草色、黄色と、色出しが大好きな織り手の工夫が伝わってきます。一年中豊かな色に囲まれた環境ならではの色調です。

織り手の高い技術が光るキリムは、これからも、光を受けながらクラシックに、エレガントに、誇らしげにベッサラビアの伝統を見せてくれます。




▲トップに戻る