KJ12204、シバス、アンティークキリム(ウール/ウール)、200x86cm

商品, 逸品キリム

キリムNo.: KJ12204

産地: 200x86cm

寸法: シバス、アンティークキリム(ウール/ウール)

価格: 280,000円 (税別)

品性を感じさせる色調から、緻密で正確な横糸の運びから、織り手の生き方が伝わってくるキリムに出合ったのは1994年です。人の手を通じて生まれてくるものには、ゴールがないことを教えてくれるキリムです。

現存する100年以上前のキリムの多くは、縦糸に二本の糸を一本に撚る、双糸(そうし)を使っています。技術を必要とする時間のかかる作業ですが、縦糸が強く丈夫であることが、キリムの寿命を長くするのです。
そして、当時の織り手の多くは、植物を使い糸を染めています。100年以上前の自然は、糸にも、色にも優しく、自然の力の助けを借りながら、織り手達は今では織れない見事なキリムを残しています。

シバスの熟練した織り手は、孫娘の嫁入りの持参品キリムや自家用キリムを何十枚も織ってきました。織り手は枚数を重ねる事に、技術を磨き、自身を磨いていきました。キリムから感じられる満ち足りた静けさは、そんな織り手の心の反映でしょう。
織り手は、茜、からし、薄緑に、天然の濃い茶のウールに黄を掛け柔らかみと深みを加えたこげ茶を使い、シバスに伝わる「櫛」のデザインをまるでアートの様に、大胆に織り込んでいます。双糸の縦糸に入れられた横糸はとても滑らかで、安定した高い技術とは何かを語っています。

織り機に向かう時間は、織り手だけの時間です。無心に織ることに集中する織り手ですが、織りながらの楽しみは神様との対話です。織ることに、生きることに、長い経験を積んだからこそ楽しめる時間が、織り手の気もちを一層充実させ、益々高みに向かっていきます。

子孫から子孫へと大事に使い継がれ、褪色して落ち着いた雰囲気を醸し出すキリムは、丈夫な双糸の縦糸と織り手の滑らかな仕事のお陰で、これからもいつまでも楽しめるキリムです。



櫛=幸せな結婚を願う


▲トップに戻る