KJ35970、108x88cm、デニズリ、新作草木染キリム(ウール/ウール)

キリム長さ 120cm前後, 商品

キリムNo.: KJ35970

産地: デニズリ、新作草木染キリム(ウール/ウール)

寸法: 108x88cm

価格: 53,000円 (税別)

機械で撚られた丈夫で強い極細のウールを使った輸出用キリムは、デニズリ・インジェ(極細)です。キリムが基幹産業であるトルコでは、様々なサイズやクラスのキリムを輸出用に織っています。

本来、120x80cm前後のサイズは、2枚に重ねて大きなクッションのような袋を作り、チュアル(衣類袋)と呼んでいました。
チュアルはテントの中ではインテリアであり、上等なキリムは上座に置かれ家族や来訪者の目を楽しませ、主婦である織り手の織りの技術の高さを誇示する役目も果たしました。

輸出が始まると問屋さんたちは、この大きな袋を開き、一枚の細長いランナーに作り直しました。また、使い易いよう半分にカットし、玄関マット、タペストリーや床に置く絵などとして、試行錯誤を重ねながら、キリムを美しいインテリア・アイテムへと変身させていきました。しかし、今ではオールドキリムは価格が高く、数も多くありません。

先祖を敬い、キリムという文化を誇りに思う問屋さんたちは、輸出先を念頭に、色調の差別化やサイズの差別化を始めたのです。

輸出用キリムと言え、先祖伝来の草木染と精緻な織りを、どうしても次世代に伝え継ぎたい問屋さんです。現代の草木染は、金食い虫と言われるほど時間とお金がかかります。
この問屋さんは、一方で販売し易い化学染料100%のキリムを織りながら、このインジェ・キリムの制作に燃えていました。

稲穂や花柄のように見えるデザインは、織り手に人気のあるベッサラヴィアン・デザインです。オスマントルコの時代、トルコの占領下にあったベッサラヴィアでは、具象柄のかわいらしい花柄が織り継がれてきました。イスラム教スンニー派が多数を占め偶像崇拝を禁止するトルコですが、他国の伝統を否定することなく、良い物には高い評価を与え、抵抗なく自分のものにするしなやかな姿勢が、キリムに幅を持たせ、自他とも認める長いキリム文化を培ってきたのです。

茜、落ち着いた緑がかった青、黄、草色、ベージュ色、どれも植物にじっくり向かった織り手の高い染色技術を見せている色です。織り手の創造する楽園は、一年中、豊かな色彩で暖かい色調は幸せに溢れています。



生命の樹=不滅の繁栄、 水の流れ=生命を支える水が常に身近にありますようにとの願い、 花=子孫繁栄、 鳥=幸せの予感、


▲トップに戻る