KJ37194、133x97cm、コンヤ、オールドジジム(ウール/ウール)

キリム長さ 150cm前後, 商品

キリムNo.: KJ37194

産地: コンヤ、オールドジジム(ウール/ウール)

寸法: 133x97cm

価格: 240,000円 (税別)

床に置かれたキリムは、満天の星をデザインしているようです。画面一杯の星はキラキラと輝きながら、様々な光を放っているように見えました。ジジム織りと呼ばれる大変時間のかかる技法です。

多くの遊牧民は、キリムの中にアクセントとしてジジム織りを使います。ジジム織りは、織り上がったキリムに刺繍をしているのではなく、キリムを織りながら柄を色糸で織り込んでゆきます。この作業は平織りの3倍も時間がかかるため、相当に根気強く、高い力量と色彩感覚の持ち主の独壇場です。
コンヤの古い織物には、ジジム織りが全体になされたこのようなキリムが時にあります。

問屋さんが広げたジジム織りは、縦糸が双糸(そうし)です。2本の糸を一本に撚る双糸が、このキリムが100年に近いことを伝えています。見えない縦糸に手間をかけるのは、織りに自信があり丈夫なキリムを子孫に伝え継ぐことを意気に感じる織り手です。

画面一杯の星は、織り手のキリムへの思い入れを伝えています。
地となっている平織りは、上から白茶にかすかに緑を掛けたような色、灰色がかった黄緑色、小豆色、焦げ茶色と、凝ったグラデーションです。これは日の出から日没までの、一日を表しているのでしょう。
織り込まれた沢山の星も、上からクリーム、ライトグレー、ベージュ、オレンジ、茜、ワインレッドと考え抜かれたグラデーションです。それらの色のバックには、ピンクや肌色も見えます。

星たちを通して織り手は、一年の移り変わりを表現しています。
寒々しい冬の夜空は、春を待つ思いを込めたパステルです。豊かな草原を吹き渡る心地よい春風に満たされた気持ちを、クリーム色とオレンジで明るく表現しています。夏の乾燥地帯の光の強さと暑さは茜とオレンジです。そして秋の豊かな実りとやってくる冬への備えを、すべての色糸を地の焦げ茶の上に置くことで見せています。

見事な感性が豊かな想像力と創造力を生み出した結果の織物は、誰をもストーリーテラーにしてくれます。



鳥=幸せへの予感、 眼=邪視除け、 星=幸せへの願い、 バードック(ゴボウ)=裕福


▲トップに戻る