KJ37073、94x55cm、コンヤ、オールドスマック(ウール/ウール)

キリム長さ 90cm前後, 商品

キリムNo.: KJ37073

産地: コンヤ、オールドスマック(ウール/ウール)

寸法: 94x55cm

価格: 62,000円 (税別)

SOLD OUT

背筋をのばしながら織りを進める若い織り手が目に浮かぶ、すっきりとして美しい表情のキリムは、元来、ヤストク(枕)と呼ばれた袋です。小物や穀物入れ、時に枕として使われた機能的な織物です。
移動を繰り返した遊牧民は必要最小限の物しか持たず、それを何にでも利用してきました。物が増えると移動が不便になる為です。キリムは、先祖代々伝え継がれてきた大切な財産であり、娘の嫁入りの持参品である為、常に、最上級品を作る努力を重ねてきました。
現代の問屋さんが、袋を丁寧にほどき使い易い布にしてくれました。

このきれいな織物を織ったのは、織る事が大好きで努力をいとわない若い織り手です。
この織物は、糸を斜めに掛け布全面を埋めていくスマック織りと、糸を横に掛け柄を付けていくジジム織りが使われています。
トルコではキリム(つづれ)織りをした上に、アクセントの柄を入れるジジム織りが主流です。スマック織りは、ペルシャ絨毯の伝統を持つイランで盛んに織られてきました。

バザールで目にした、キリム全体を刺繍で埋めた美しいペルシャの織物が忘れられない若い織り手は、チャレンジを始めました。先祖伝来のジジム織りはすでに身に付いています。ジジムに加え、イランのスマック織りで平織りする部分を埋める作業です。

トルコのジジム織りは、糸にそれほど強い撚りをかけないため、アクセントとなる柄が、より立体的に見えるという利点があります。それに対し、イランのスマック織りは、画面全体に糸を斜めに入れながら埋めていきますので、色糸の撚りが強く滑らかでなくてはなりません。

懸命に手を動かす若い織り手ですが、織りの命の糸作りは、唯々、経験です。ジジムに使う糸より強く撚れた糸ですが、中々均一な糸になりません。織りのセンスのある織り手が画面全体を埋め尽くしたスマック織りですが、糸の太さも糸の入れ方も、イランのそれの何倍も粗い織物です。
しかし、透明感ある糸の染色技術、バランスの良いデザインに加え、丁寧で根気強い仕事が、この織り手の将来を見せています。

 



樹=子孫繁栄、 ベレケット=豊穣、 イヤリング=幸せな結婚を願う 眼=邪視除け、 水の流れ=生命を支える水が常に身近にありますようにとの願い


▲トップに戻る