KJ14454、143x80cm、コンヤ、アンティークキリム

キリム マイギャラリー, 商品

キリムNo.: KJ14454

産地: コンヤ、アンティークキリム

寸法: 143x80cm


1996年、手招きして私達を呼んだ問屋さんが、敬意を払うかのようにうやうやしく広げたキリムに、思わず「ワーッ!」と一斉に声を上げた私たちです。
深く濃い朱色とオレンジを混ぜ合わせたような見た事のない赤色は、艶やかなウールに引き出されるかのように、一層濃く深く輝いていました。そして枯れた藍色、藤色、黄色や抹茶色も赤色に負けず劣らず、絹糸のように繊細な輝きを放っていました。画面全体に描かれたデザインのどれもが好みで、すべて読めたのもこのキリムに惹かれた一因でした。

「見てご覧。」とオーナーは、キリムを自然光の下、白熱灯の下、壁、廊下、暗い部屋、屋外など、様々な場所に敷いて見せてくれました。光の加減で最初に目に飛び込んでくる色が変わるのです。「どうだい、どの色も主役だろう?大したキリムだろう?大したアンティークだよ。」と、鼻高々に私たちに問いかけました。
確かに使われている色の分量が違うにもかかわらず、どの色も印象に残りました。

「何か書いてない?」と問いかけるスタッフに、「1919だよ。」と問屋さん、「1919年に織られたの?」に「ノー、これはアンティークだよ。昔の自然がきれいだった時代の色だよ。水も、空気も、植物も今よりはるかにきれいだったころの貴重品だよ。1919の想像は君たちに任せるよ。」と、肩をすくめました。

時間が見せてくれる心地よい色の文化に浸りながら、「1919」について意見交換したことを今でも思い出します。

縦糸は、2色のウールが強く固く撚られています。横糸は飛びっきり柔らかいウールが、丁寧にそれぞれの色に染色されています。キリムの命と言われる糸が上等であるからこそ、100年以上持ちこたえたキリムは、豊かで満足げな表情を見せています。

出合いから20年近く経過した現在、別格のパワーを持ったキリムは、誰をも惹きつけます。自然の力と織り手の力が生み出したキリムの力は、今では目にすることのない朱より濃い赤色に大きなエネルギーを込め、太陽を独り占めしたような空間を作ります。




ミフラブ文様=礼拝用デザイン、 ベレケット=豊穣、 眼=邪視除け、 羊の角=繁栄、豊穣、たくましさ、 櫛=幸せな結婚を願う、 水の流れ=生命を支える水が、常に身近にありますようにとの願い、


▲トップに戻る