KJ22457、194x173cm、ベルガマ、アンティークキリム

キリム長さ 2m以上, 商品

キリムNo.: KJ22457

産地: ベルガマ、アンティークキリム

寸法: 194x173cm

価格: 308,000円

紀元前200~100年に絶頂期を迎えた古代都市国家ベルガモンの遺跡が、現在では観光名所として客を呼ぶベルガマです。遊牧民に伝え継がれる、モダンで斬新な伝統的色彩は、芳醇な土地の恵みである健康な植物のお陰で、100年近い現在でも、益々、輝きと存在感を見せつけています。勿論、上質のウールがそのツヤを作り出しています。

惚れ惚れ見とれてしまうほど、美しい昔ならではの色調から目が離せません。赤系の色調は、茜色、茜色に青を加えて染められた臙脂(えんじ)色、赤と黄の微妙な割合で珊瑚(さんご)色の三色に染め分けています。青系は、明るく薄い青を青に黄を少し加えて空色に、濃い青は藍色にしています。赤系と青系をつなぐ蘇芳(すおう)色は、赤、黄、青の掛け合わせです。驚くべきは、これらすべての色が染められた当時のままで、ほとんど褪色が見られないのです。偶然か?卓越した染色技術か?いずれにせよ、素晴らしいキリムです。

茶色に染められたウールには、どうやら鉄媒染剤が使われたようです。媒染剤は、染色する前、より鮮明な色に仕上げたい時、または、染色後、染めた色を定着させる為、などに使われます。植物や鉱物など様々な媒染剤があります。
100年近いこのキリムを見ますと、鉱物の媒洗剤が使われていると思われるジジム(刺繍)織りの茶色の糸は、ウールが抜けてなくなっています。同じウールを使いながら染められた他の糸が、まだまだ丈夫なのに、茶色だけが痛んでいるのは、鉱物がウールを長い間に痛めたせいです。
でも、100年という気の遠くなるような時間を、褪色も見せず、こんなに美しく過ごしてきたこのキリムには、「上出来です」との褒め言葉を送りたい気持ちです。


水の流れ:生命をささえる水が常に身近にありますようにとの願い


▲トップに戻る