KJ31212、138x99cm、ムット, オールドキリム

キリム長さ 150cm前後, 商品

キリムNo.: KJ31212

産地: ムット, オールドキリム

寸法: 138x99cm

価格: 220,000円 (税別)

SOLD OUT

固く強く撚られた太さのある縦糸に細かくビッシリ入れられた滑らかな横糸、その織りの確かさに見惚れている私達の前でオーナーは、キリムを光の下に移しました。
「台風一過の空を眺めたことがある?まさにこの黄金色だ。夕焼けの空をイメージしたキリムだね。」と話します。すっかり無駄毛の取れた黄金色の糸は、光を受け輝かしい表情です。織りの確かさが、キリムを一層上等にしています。
向き合えば、楽園が見えてきそうなキリムです。

「決定!」と言った私たちの言葉に、恨めしそうな顔を見せたオーナーです。
山ほどのキリムを長年目にしている彼にも、出合えるか出合えないかの一枚でした。

均一の太さの縦糸と、まるで機械で織られたのではないかと思えるほど正確に入れられた横糸から、このキリムに向かった織り手の意気込みが伝わってきます。
黄、黄緑、山吹(やまぶき)、黄金色、黄土色、こんなに沢山の黄色系の色出しをする織り手の染色技術が、楽しみながら創造の世界に向かう織り手の姿を想像させます。
通常の何倍もの力の入れようは、子孫に代々伝え継がれる部族を象徴する傑作を目指したのでしょう。

6世紀より伝え継がれてきたキリムは、遊牧民の文化であり伝統です。
テント暮らしの家具として、それぞれの部族の象徴として、娘の嫁入りの持参品として、キリムは大切に誇らしげに、代々伝え継がれてきました。

そんなキリムを織る女性たちは、枚数を重ねるごとに技術や創造力を鍛えていったのです。織る事は日々の生活であり、キリムは日々の気持ちの表現だったのです。

キリムの上下にパイル織り(絨毯の織り方)が使われています。大事に伝え継いでほしいキリムであればこそ、織り手は持ちうるすべての力と技術をこのキリムに注ぎ込みました。
そのようなキリムが見る者の心をつかむのは、当然です。
何処に置かれてもリッチで暖かい黄金色が、格調高い空間を作ってくれます。



星=幸せへの願い 櫛=幸せな結婚を願う 眼=邪視除け


▲トップに戻る