KJ19539、290x140cm、ムット、オールドキリム(ゴート/ウール)

キリム長さ 2m以上, 商品

キリムNo.: KJ19539

産地: ムット、オールドキリム(ゴート/ウール)

寸法: 290x140cm

価格: 340,000円 (税別)

コンヤのキリムかと見間違ったほど、艶があるなめらかなキリムに織り込まれた大小の柄は、丁寧できっちりとしていて正確です。二つの大きな「眼」は、パワーに溢れながらも褪色した藍色が静けさとエレガントさを引き出しています。大きな柄も小さな柄も一針、一針がとても丁寧で、隣同士の色のバランスが優しく、考え抜かれた色合わせです。
気持ちよく眺めているうちに、菱形に見えるデザインの「和」を感じさせる落ち着いた雰囲気が捨てがたく、手に入れたのが1999年です。

床にひらりと吸い付くように治まったキリムに目をやりながら「コンヤにしては色が濃くない?」と尋ねると、「よく見てご覧。縦糸がヤギだよ。」との答えです。「ムット?だからアースカラーね?」と、声を上げる私たちに、問屋さんは、初めて笑顔を見せました。

ムットは標高が2000mほどの山岳地帯です。染織材料は、茜の根から取り出した赤を基調に、小豆色、オレンジ色、きつね色、土色、茶色、焦茶色など、まさにアースカラーと呼ばれる黄土系の幅広い色使いが織り手の技量を見せる産地です。時に織り手は、手に入れた化学染料を混ぜながら染色を楽しみました。

熟練した織り手は、直毛のかさばるヤギの毛を強く固く撚り、縦糸に使いました。カーリーで絡み合う羊の毛と違い、真っ直ぐなヤギの毛は使っている間に撚りが戻ってしまい痛みの原因となるため、高い技術の織り手のみが出来る作業でした。これだけの大きさの縦糸は、技術のみならず、根気とやる気と自信から生まれるのです。

びっしりと幾何学文様で埋められたコンヤキリムを念頭に、腕の良い織り手は、鮮明に染められたムットの上等の糸でキリムを織り始めました。織り手の確かな腕は、コンヤの上等のキリム同様、あるいはそれ以上の滑らかさと優しさをキリムに織り込んでいきました。先祖を尊重しながらも、新しい何かにチャレンジせずにいられない織り手は、ムットにも伝わる「眼」と「狼の口」でキリムを埋めています。コンヤの横に並べられても見劣りしない出来栄えのキリムは、扱いにくいヤギの縦糸を使った織り手に軍配が上がりそうです。
パワー一杯でありながら落ち着いたキリムは、昔と変わらず、現代の私達の目を奪います。



眼=邪視除け、 狼の口=邪視除け、


▲トップに戻る