KJ16762-B、114x81cm(中心)、マラティア、アンティークキリム(ウール/ウール)

キリム長さ 120cm前後, 商品

キリムNo.: KJ16762-B

産地: マラティア、アンティークキリム(ウール/ウール)

寸法: 114x81cm(中心)

価格: 130,000円 (税別)

東トルコ、マラティアは、トルコ東西にまたがる広大なタウラス山脈の東側にある芳醇な土地で、太陽の恩恵を一杯に受けた地域です。マラティアのキリムは質、量ともに、トルコでは一、二を争うほど生産されてきました。グランドバザールや敷物専門店街のアラスタバザールに、クルド系の人々の店が多い理由の一つです。

マラティアキリムの多くはクルド人により織り継がれてきましたが、マラティアが交通の要所であったため、トルコ人やアルメニア人を始め様々な外国人が交易品を持ち、この地域を通過していきました。お陰でクルド人の伝統的な重厚感あふれるキリムをはじめ、繊細で多彩な色調や多様なデザインなど、幅広い織物がマラティアキリムとして織り継がれてきました。

これは1997年に手に入れた、マラティアクルドのアンティークキリムです。
どの部族よりも長く2000年近くも遊牧生活を続けたクルド族は、常に、羊を始め家畜の毛の改良を続けてきました。その昔、羊の毛はフェルトに似た短いもつれ毛でした。長い時間をかけ良い種を選び飼育を続けたお陰で、彼らの毛は紡ぐことが出来るほど長く柔らかい繊維へと進化していきました。マラティアキリムの毛は、トルコでNo.1、2を争うほど上質と言われてきました。

山岳地帯でありながら肥沃な土地マラティアは、様々な植物を織り手に供給し続けました。これらの植物が鍛えた織り手の色彩感覚は、まるで花園や楽園あるいは天国を連想させるほど透明感があります。ピュアーな色は暖かく、幸せを色で表現しているキリムです。

古くなければ出せない色調のキリムは、嫁ぐ娘も手伝ったのか、少々裾広がりです。鮮やかなオレンジ、薄いオレンジ、黄緑、黄、赤、紫、ライトグレー、青、藍、など、まるでマラティアの花々がぎっしりと詰まったような色調は、先祖が改良を重ねた上等のウールのお陰で、どんな色でも鮮明に染まり、どんな場所に置いても、輝きを見せています。

大事に使い継いできた子孫と自然の力が作り上げた華やかながらも渋い色調は、時間と共に益々魅力を増し、貫禄すら感じさせます。100年前の織り手の力は、古さも感じさせず、現代空間に、時空を超えた美しさを運んでくれます。



眼=邪視除け、 バードック(ゴボウ)=裕福、 水の流れ=声明を支える水が常に身近にありますようにとの願い


▲トップに戻る